一般社団法人 柏原市歯科医師会について

会長ごあいさつ

皆様 こんにちは
 柏原市歯科医師会が一般社団法人に成って1年9ヶ月経ちました。
歯科医師会としては法人成する前も含めて約80年の歴史があります。
まだまだ至らぬ点があるかもしれませんが、「歯科医療を通じて地域社会に貢献する」を基本理念として会員一同、日々研鑽いたしております。
 さて歯科医師会の具体的活動ですが、比較的知られていない内容の一部を改めて紹介いたします。
 まず市の妊婦歯科健康診査についてです。
赤ちゃんが出来ますと体内のいくつかの種類のホルモンの量が変化します。
これによって口腔内はある種の歯周疾患と似た状態になるといわれています。
また赤ちゃんの歯胚(歯のもとになる芽)は胎内にいるときから形成が始まります。
妊娠中の口腔内管理はどうすれば?
お腹の赤ちゃんの歯ために何をすれば?
これらの基本知識を得るためにも市の妊婦健診を受けましょう!
 次に摂食・咀嚼・嚥下障害についてです。これはたいへん難しい疾患です。その原因は多義にわたり様々な因子が関与すると言われています。治療法も確立されているとは言い難い現状です。歯科医師会では専用相談窓口(太田歯科内 電話:072-978-4618)も設置いたしております。すべてを即座に解決することはできませんが、抱え込まず是非相談してみて下さい。
 また、あってはならない事とですが、柏原市が大規模災害に見舞われた場合の備えとして、歯科医師として出来ることを市と協議し医療救護活動協定書を取り交わしています。
備えあれば憂いなしといいます。
 これらのことは大阪府歯科医師会、柏原市、教育委員会、医師会、薬剤師会、中河内医療圏内の病院診療所など関係各位の御協力のお陰を持ちまして徐々に成果が上げってきています。
 最後になりましたが、新型コロナウイルス感染症対策についてです。
柏原市歯科医師会会員の診療所ではスタンダードプリコーションと言われる防疫体制でのぞんでおります。
これは、もし患者さんが発熱等の症状がない不顕性感染状態であったとしても、医療スタッフや器具を媒介として伝染させることがないよう厳しい感染防止対策を標準的に行うことです。この場合必要以上と思われるお手間をお願いすることもありますが、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
 幸いなことに現時点では、大阪府歯科医師会に所属する約5500の診療所よりのクラスターは1件もございません。
吉村大阪府知事からも「これは驚異的なことだ」とお褒めの言葉を頂戴致しているところです。
今後も歯科医療を通じての地域貢献をめざして精進いたしますので、どうか宜しくお願いいたします。

柏原市歯科医師会 会長 藤本 喜之

柏原市歯科医師会って?

柏原市歯科医師会は、日本歯科医師会および大阪府歯科医師会の下部組織で、大阪府柏原市の歯科診療所を代表する公益団体です。現在の会員診療所は29ヵ所(なお非会員診療所は3ヵ所です)、会員数は34名で、 医道の高揚、公衆衛生の向上を図り、社会福祉の増進を目的として、柏原市民の皆様のお口の健康を守るために次の事業を行っています。

 

【各種健診事業】

乳幼児歯科健診
就学児童歯科健診
市内学校児童および幼稚園児歯科健診
障害施設歯科健診
市民歯周疾患健診

府歯科医師会休日/夜間緊急診療の出務
8020運動支援事業

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。